ログイン

Meta株が収益の減少にかかわらず成長

n.hammoury
Noureldeen
Al Hammoury

旧Facebook社が決算でウォールストリートの予想外の成績を記録し、23%の急騰となりました。 同社では、ユーザー数が増加する一方で、大量解雇による企業再編が進行中です。

Metaプラットフォームは2022年第4クオーターの収益が下がったと2月1日水曜日深夜に発表しました。 それでも、Facebookの親会社の株価はその後数時間で18%上昇しています。 3期連続の株価下落は、市場の不透明感、競争の激化、大量解雇が原因となって起こっています。

しかし、パフォーマンスは予想よりも良いものでした。 実際の四半期の収益は321.6億ドルで、ウォールストリートの予測していた315億ドルを上回りました。 Metaはアナリストの予想に反してユーザー数の増加と良い売上げ結果を残したのです。

この記事を執筆している時点では、決算発表後、株価は23%急騰しています。

Meta社の株のチャート 2023年2月3日

様々な要因によって、Metaの株は現在成功しています。 Facebookの親会社のCEO、マーク・ザッカーバーグは企業構造の再編成のため、2023年は支出を制限すると発表しました。 2022年秋には、企業は11,000人の解雇を予定した大規模なレイオフを開始した。 メタバース部門でも人員削減が実施されています。

Meta社のReality Labsは、直近の四半期に42.7億ドルの損失をもたらしました。 この部門に大企業が投資しているため、全体の収益源が起こったのです。

売上高が減少しているにもかかわらず、株価が上昇したもう一つの理由は、大手IT系企業の現在の雰囲気です。 Meta Platformsは、イーロンマスクによるTwitter買収の衝撃や、MicrosoftとGoogleにおける個人データ保護に関する規制上の懸念の高まりに耐えながら、その場をしのいできました。

一方、Metaは幸いFTCの 「買収阻止」の動きを乗り越え、フィットネス関連のスタートアップ企業であるWithinの買収を行うことが出来ました。

Meta株の上昇は他の市場の要素に影響を与え、前日に獲得したポストFedの利益まで上昇しました。 NASDAQとS&P500は木曜日に上昇しました。

水曜日に発表されたMeta社の収益レポートをもって、損失の年になった2022年度が終了しました。 2022年第1四半期以降、Meta Platformsの株式は約70%もの価値を落としました。 この下落の一因としては、広告市場の縮小によって、オンライン広告市場における最大手のFacebook社が大きな打撃を受けたことがあります。 また、投資家のコミュニティ内で、バーチャルリアリティ技術に対する懐疑的な見方が広がっていることも、大きな要因となっています。

TtelegramInstagramで当社をフォローして市場の最新情報をチェックしてください。