ログイン

荷重移動平均(WMA)の取引における使い方とは?

Adam Lienhard
Adam
Lienhard

荷重移動平均はWMAとも呼ばれ、トレーダーが取引の方向性を決定したり、売買の意思決定を行うために使われるインジケーターです。 これは過去のデータポイントよりも現在のデータポイントをより重要視するものです。 これを実現するため、データセットの各観測値に対し、事前に決めたウェイト係数が掛けられているのです。 WMAについて学んで稼ぎましょう。

WMAとは?

荷重移動平均(WMA)は、すべての数値に同じウェイトを割り振った単純移動平均(SMA)とは異なります。 WMAでは、最も最新のデータポイントには1のウェイト、次の新しいデータポイントには0.9のポイント、などというふうにウェイトを割り振っていきます。 つまり、最新のデータポイントは移動平均の計算上より重要度が高くなり、WMAはより最新の価格変動に呼応するものになります。

下記は、5日間のWMAの計算の仕方です。

WMA = (P1 * 5) + (P2 * 4) + (P3 * 3) + (P4 * 2) + (P5 * 1) / (5 + 4+ 3 + 2 + 1)

この公式では、P1からP5は5日間の価格のデータポイントを表しています。

WMAを使う理由とは?

取引においては、荷重移動平均(WMA)は取引シグナルをの生成に役立つツールです。 値動きがWMAに向かったり、WMAを上回ったら、取引を終了する良いタイミングかもしれません。 反対に、値動きがWMAの近く、あるいはすぐ下に落ち込んだ場合には、取引にエントリーするチャンスであることを示唆している可能性があります。

WMAは単純移動平均(SMA)よりも早くトレンドを特定できる一方、突然の劇的な価格変化に見舞われるなど、より変動性の高いものになる可能性があります。 したがって、ほかの指標や戦略とWMAを併用してシグナルを確認し、リスク管理をすることが非常に重要です。

WMAの使い方とは?

荷重移動平均(WMA)は取引において、他のテクニカルインジケーターと同じように、取引シグナルを出すために使われます。 WMAを活用するには、下記のステップに従ってください。

ステップ 1 WMAの計算

特定の期間のWMAを計算するには、最後の数日間の終値を考慮する必要があります。 WMAでは、古いデータと比べ、最新のデータポイントをより重要視します。 たとえば、10日間のWMAを解散したい場合、最後の10日間の終値を考慮すべきです。

ステップ 2 潜在的な取引シグナルを見極める

WMAがわかったら、それを使って潜在的な取引シグナルを見極めましょう。

買いのシグナル 資産の価格が荷重移動平均(WMA)に対して上方向に交差したとき、買いのシグナルになる可能性があります。 WMAはトレンド指標で、強気の交差(価格がWMAを上方向に交差する)は価格が上方へ動く可能性を示しています。

売りのシグナル 資産の価格が荷重移動平均(WMA)に対して上方向に交差したとき、買いのシグナルになる可能性があります。 なぜなら、WMAはトレンド指標で、強気の交差(価格がWMAを上方向に交差する)は価格が上方へ動く可能性を示しているからです。 反対し、資産の価格がWMAに対して下方向へ交差すると、売りのシグナルの可能性があります。 なぜなら、WMAはトレンド指標で、弱気の交差(価格がWMAを下方向に交差する)は価格が下方へ動く可能性を示しているからです。

ステップ 3 ほかのインジケーターを使ってシグナルを確認する

WMA(荷重移動平均)は便利なシグナルを出してくれますが、誤ったシグナルの検出を避けるために、他のインジケーターと併用して確認する必要があります。 たとえば、トレンドラインインジケーターを使うことで、WMAで示されたトレンドを確認できます。 同様に、相対力指数(RSI)を使えば、トレンドの強さを確認できます。 これらを使うことで、より情報に基づく取引決定を行うことができるようになります。

ステップ 4 ストップロスとテイクプロフィットレベル

取引において、ストップロスレベルとテイクプロフィットレベルを確立しておくことは非常に重要です。 ロングポジションではWMAの下方にストップロスレベルを、ショートポジションではWMAの上方にストップロスレベルを設定しましょう。 テイクプロフィットレベルは、ご自身にとって余裕のある水準に設定するべきであり、価格が変動する余地を残しておく必要があります。

当社のSNSをフォローしてください。TelegramInstagramFacebook)Headwayの最新情報をすぐに確認できます。