ログイン

買われすぎと売られすぎの市場とは?

Adam Lienhard
Adam
Lienhard

市場における買われすぎ、売られすぎとは、テクニカル分析に使われる用語です。 これらは、取引資産の価格がその公正価値から著しく乖離し、反転や修正が起こりうる状況を示しています。

買われすぎと売られすぎはいつ起きる?

価格が急に激しく上昇した場合は、その資産は買われすぎだと考えられます。 このとき、買いの圧力が過剰になっている可能性があります。 その資産は引き戻しや調整の時期にあるのかもしれません。

反対に、ある資産の価格が急激に下落した場合、あられすぎだと考えられます。 このような動きは、売りの圧力が過剰になっている可能性があります。 その資産は跳ね返りや調整の時期にある可能性があります。

このような市場の状況を特定する方法とは?

買われすぎやあられすぎの状況を特定するには、テクニカル指標がよく用いられます。 一般的によく使われる指標のひとつして、相対力指数(RSI)があります。 RSIは、値動きの速さと変化を測定するモメンタム・オシレーターです。 相対力指数は0〜100で測られます。 70以上の数値は買われすぎ、30以下の数値は売られすぎの状況を示します。

例:

金の取引について考えてみましょう。 金の価格が一定期間にわたって着実に上昇し、現在最高値を更新しているとします。 このとき、RSIが80以上に達した場合、金は変われすぎであり、買いの圧力が過剰になっている可能性があります。 これは、金の価格が減少したり横ばいになり、反転や調整の可能性があることを示しています。

反対に、金の価格が最低値を更新して、RSIが20以下に落ち込んだ場合、金は売られすぎであり、売りの圧力が過剰になっている可能性があります。 これは、金の価格が上昇したり横ばいになり、跳ね返ったり調整が起きる可能性を示しています。

他の便利なインジケーター

相対力指数(RSI)に加え、ほかにも売られすぎや買われすぎの状況を特定するために使えるテクニカル指標がいくつかあります。 一般的に使われるインジケーターの例はこちら:

ストキャスティクス・オシレーターは特定の機関において、資産の終値と価格の幅を比べます。 このインジケーターには0〜100の数値があります。80以上は買われすぎ、20以下は売られすぎの状況を示します。

商品チャンネル指数(CCI)は、資産の価格の循環的なトレンドを見極めるために使われます。 これは一定期間の平均価格から現在の価格の乖離を測定するものです。 +100以上の数値は買われすぎ、-100以下の数値は売られすぎの状態を示しています。

移動平均収束ダイバージェンス(MACD)は、2本の線とヒストグラムで構成されるトレンドフォローのモメンタムインジケーターです。 トレーダーはよく、MACDラインと価格チャートの逆行現象に注目し、買われすぎや売られすぎの可能性を見極めます。

ボリンジャーバンドは、移動平均と、移動平均からの標準偏差を表す上下のバンドで構成されるボラティリティインジケーターです。 価格が上側のバンドに近づいたら買われすぎを、下側のバンドに近づいたら売られすぎの状況を示しています。

ウィリアムズ%Rはモメンタム・オシレーターで、特定期間の高値〜安値の範囲に対する終値のレベルを測定します。 -20以上の数値は買われすぎ、-80以下の数値は売られすぎの状態を示しています。

買われすぎ、売られすぎの状況を見つける方法とは?

買われすぎや売られすぎの状態を見つけるために、トレーダーはよく値動きや他の要素に基づく取引シグナルを提供してくれるテクニカルインジケーターを使います。 買われすぎ、売られすぎの状況を特定するための一般的なアプローチはこちら:

  1. テクニカルインジケーターを選択します。
  1. インジケーターの数値を分析します。 選択したインジケーターを取引している資産の価格チャートに適用します。 インジケータが定義する買われすぎと売られすぎのレベルに注目しながら、長期的にインジケータの数値を監視する。
  1. 確定要素を探しましょう。 買われすぎや売られすぎを確認するために、追加の要素も考慮します。 この中には、価格トレンド、ボリュームパターン、支持線・抵抗線や、他のテクニカル分析ツールの分析も含まれます。 目標は、買われすぎや売られすぎのシナリオの可能性を強め、整合する複数のシグナルを探すことです。
  1. 注意をしながら、他の要因も考慮します。 買われすぎや売られすぎの状況は貴重な洞察を与えてくれますが、市場が長期間同じ状況のままでいる可能性があることを忘れないようにしましょう。 買われすぎや売られすぎであるにも関わらず、価格が上昇し続けたり、下落し続けることもあります。
  1. 実践して磨きをかけましょう。 どのような取引戦略でも同じですが、有効性を評価するために、過去のデータを使って実践し、バックテストを行ってください。

テクニカルインジケーターはただのツールです。 より広い市場の文脈の中でシグナルを解釈することが重要です。 テクニカル分析とファンダメンタルズ分析を組み合わせて、関連するニュースを見て常に情報をアップデートし、十分な情報に基づく取引判断を行いましょう。

当社のSNSをフォローしてください。(TelegramInstagramFacebook)Headwayの最新情報をすぐに確認できます。