ログイン

取引するときに選ぶべきタイムフレームとは

Adam Lienhard
Adam
Lienhard

正しい時間軸を選ぶことは分析に不可欠です。 初心者のトレーダーは、素早く利益を得ようと狭い時間軸で取引してしまい、その結果、損失が生まれてがっかりしてしまいがちです。 今日の記事では、Headwayの専門家が適切な時間軸を選んで利益を得るための方法をご説明いたします。

タイムフレームの種類

チャートは1分足から月足まであります。 タイムフレームには短期、中期、長期があります。 例えば、M1とM30は短期で、H1は中期、MNは長期のタイムフレームです。

正しいタイムフレームを使うことで、市場の動きを分析する手助けになります。 Meta Trader上で、日足、週足、さらには月足などの長期間のタイムフレームを好むトレーダーもいます。 取引でタイムフレームを選択するときは、個人の好み、市場の変動性、戦略、取引のスタイルをを考慮することが重要です。

多くの実体験にに基づくと、取引に最適なタイムフレームは1時間足(H1)と4時間足(H4)のチャートです。 このふたつのタイムフレームは、長期間ですが、長すぎないので適しているのです。 H1とH4のチャートは、数は少ないものの、正確な取引シグナルを出します。

様々な時間軸で取引してみて、自分にぴったりなものを見つけてみてくださいね!

取引のスタイルとタイムフレーム

取引には3つのタイプがあります。長期運用、短期運用(スイングトレード)、デイトレードです。 それぞれのタイプにメリットとデメリットがあります。 時間軸を比べて、違いを理解し、自分に最適な取引のタイプを選びましょう。

取引のスタイル課程メリット✔️デメリット
長期運用長時間ポジションをキープします。 より広い視野で取引を見るため、日足、週足、月足のチャートを使います。 取引は数週間から数年に渡って続きます。取引額が小さく、利益も少なくなるため、毎日市場の動きを追う必要はありません。市場の変動性による損失を避けるためには、忍耐力と大きな資産が必要です。
短期運用(スイングトレード)1時間足と4時間足(H1-H4)のチャートは、スイングトレードや、数時間から数週間の短期間ポジションをキープするときに使います。毎月の損失を最小限に抑えながら、取引のチャンスを見つけます。頻繁にエントリーすればするほど取引コストは増えるので、市場のイベントを監視することが大切です。
デイトレード 毎日すべての取引をクローズします。 1分足、30分足のチャート(M1-M30)を活用します。取引のチャンスがたくさんあるため、毎月大きな損失が出ることは稀です。毎晩、不可避の損失か、特定の利益を得て取引をエグジットします。 頻繁にエントリーとエグジットをするため、取引のコストは高額になります。 市場のイベントを注視する必要があります。

タイムフレームを使った取引

どのタイムフレームが最適なのでしょうか? この質問にお答えする前に、まずは質問をし返したいと思います。どのタイムフレームがご自身にとって最適なのでしょうか?

適切なタイムフレームはご自身のパーソナリティや、リスク耐性、資金によって異なります。 取引期間が短いほど、リスクは大きくなりますが、収入も大きくなります。 タイムフレームが長くなれば、市場の変動性に対処するために、より大きな資産が必要になります。 最終的に、どちらを選ぶかはトレーダー次第です。

十分な情報に基づいた判断をするためには、次のステップに従ってください。

  1. お好みのタイムフレームを分析するためにチャートを使う。
  2. 大きなタイムフレームを使って価格の方向性を見極める。
  3. お好みのタイムフレームでテクニカルな判断をし、エントリーポイントとエグジットポイントを決める。
  4. 最後に、より小さなタイムフレームを使った他の取引も検討してみる。

当社のSNSをフォローしてください。(TelegramInstagramFacebook)Headwayの最新情報をすぐに確認できます。